2021.10.27

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産テックのビヨンドボーダーズが、カンボジアの教育支援団体「シーセフ」と連携し海外不動産取引への社会的意義付けを行う

「グローバル×IT」という切り口で、不動産領域で革新的なビジネスを創出する株式会社ビヨンドボーダーズ(本社:
京都新宿区、代表取締役 遠藤 忠義、以下 ビヨンドボーダーズ)
は、「カンボジアをはじめとした開発途上国で教育支援
をする国境なき教師団」公益財団法人CIESFの法人サポーターとして連携を行います。
この連携によって、海外不動産の取引をより社会貢献性の高いものとする取り組みを強化致します。

<CIESF(シーセフ)支援企業一部抜粋>
・キリンビバレッジ株式会社
・オリックス株式会社
・株式会社ビヨンドボーダーズ
・株式会社フォーバル・リアルストレート
・ANAホールディングス株式会社
他多数

【本連携の背景】
ビヨンドボーダーズは、「“幸せでつながる未来“を不動産の領域で。世界中で。」というミッションを掲げています。
主軸事業の1つである海外不動産事業においては、物件の売買(例えば、カンボジアの不動産を日本の投資家様に購
入頂く)という、たった1つのトランザクションであっても、購入主である投資家様はもちろんのこと、現地ディベ
ロッパーのスタッフ、現地ゼネコンスタッフの生活費、物件の賃借人の豊かな住環境の提供等、様々なステークホル
ダーへ幸せが波及する世界を構築したいと考えています。

本提携により、上記のような、1つのトランザクションでより多くの幸せが波及するイメージが広範囲かつ具体的に表
現でき、投資家様にもご自身のご決断が、投資国への社会貢献へ繋がることをイメージして頂けると考えます。

※本取り組みによって、物件販売価格が値上がりする事はございません。

【シーセフについて】
公益財団法人CIESF(シーセフ)は、非営利の国際的な民間の教育支援団体です。
基礎教育の質の向上を主な目的とし、その上で高度人材育成も行い国の発展を支援します。
主な活動として、「教師の育成」「教育行政の改善」「起業家の育成」を行っています。
カンボジアを主として支援活動を行っております。

【今後の取り組みについて】
パートナー企業として活動を開始し、海外不動産事業で得た一部の資金をシーセフへ寄付致します。
また、シーセフのマーケティング活動(パンフレットの企画・作成)を行い、当団体の活動をサポート致します。