2020.09.28

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビヨンドボーダーズが約1.7億円を調達。東南アジア不動産の累計取引総額は50億円超えに

BEYOND BORDERSは9月28日、REAPRA VENTURES・個人投資家・創業者などを引受先とした第三者割当増資及び金融機関からの借入による資金調達を発表しました。調達資金額は約1億7,000万円となります。

近年日本の不動産価格が高騰している中、特にまだ価格が割安な東南アジア諸国の不動産に注目する日本人投資家は多く、2020年度まででSEKAI PROPERTYを通じて不動産売買された累計取引総額は50億円を超える見込みとなっています。

今回の調達した資金は、既存サービスの改善の他、不動産業界特化型キャリア支援サービスをはじめとした国内の不動産業者向けDX促進サービスの開発に使用する予定です。